青年漫画

クランシー一族の確執とガルシアの秒殺劇『高校鉄拳伝タフ』25巻【ネタバレ注意】

投稿日:

 

~前巻までのあらすじ~

兵庫県に住むキー坊は古武術・灘神影流の継承者で地元の不良や暴走族も敵わない高校生。

ある日キー坊は父・静虎に鍛えられながら様々な格闘家たちとの戦いを通じて奥義を会得していく。

灘神影流と過去に因縁のあるアイアン木場に惜しくも敗れたキー坊だが、その木場もキー坊と年齢の近い格闘家ガルシアとの2度にわたる試合に敗れ、命を落とした。

キー坊は決闘を経て戦友となったキックボクサーのギャルアッドもガルシアに壊され、キー坊はガルシアに激しい敵意を燃やすようになるなか、木場の遺言で開催された「地上最強のホモ・サピエンス」を決めるトーナメント・TDKに出場することが決まる。

優勝賞金に200億がかけられ、ガルシアを始め有名格闘家が一堂に会する大会。

息子の命を案じる静虎は心を鬼にして制止するが、耳を貸さず出場したキー坊に「灘神影流の奥義を公の場で使えば殺す」という縛りを与える。

そして著名な格闘家が集う大会が開幕し、予選の初戦では"霊長類最強の雄"栗須と朝昇が勝利。

キー坊も静虎がレフェリーとして間近で監視する中、巨漢の東を相手に灘神影流の奥義を使用せずに勝利した。

そしてDブロック第1試合では”最強に最も近い男”マーク・ハミルトンが登場。

プレッシャーに飲まれるクランシー流柔術のヒースはどう闘うのか―。

 

25巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

Dブロック第1試合 マーク・ハミルトンvsヒース・クランシー

開始早々、ミサイルのようなタックルで組み付くマークに対しヒースはフロント・チョークを試みる。

しかし鍛え抜かれたマークの首を極めるには至らず、マークは首の力だけでヒースを持ち上げてマットに叩きつけ、マウントポジションから攻める。

〈マークがペースを握る [高校鉄拳伝タフ 25巻](c)集英社/猿渡哲也〉

ヒースも秘技ネック・ローリングで体勢を入れ替え反撃に出るが、寝技にも長けるマークの前には手も足も出ない。

しかし死の恐怖を目の当たりにしたヒースの神経はここから研ぎ澄まされていくのだった。

〈神経を研ぎ澄ますヒース [高校鉄拳伝タフ 25巻](c)集英社/猿渡哲也〉

クランシー一家を包む疑惑と因縁

ゴードンとヒースの父は何者かと試合をし、首をヘシ折られて殺された。

〈クランシー家の父の怪死 [高校鉄拳伝タフ 25巻](c)集英社/猿渡哲也〉

ヒースはその犯人がゴードンだと確信し、父の敵討ちに燃えている様子。

一方のゴードンは肯定も否定もせず、「たとえ肉親でも闘いは死の覚悟をもって挑むのがクランシー柔術80年の伝統」と語るのだった。

「砂のヒース」の本領発揮も力及ばず

死の覚悟をもったヒースが「砂のヒース」の本領を発揮する。

寝技でベッタリとマークの身体にまとわりつき、隙あらば絞め技を繰り出していく。

〈砂のヒース [高校鉄拳伝タフ 25巻](c)集英社/猿渡哲也〉

意識が飛びかけるマークだが、寸でのところでヒースの目に指を入れて脱出し、強烈な肘打ち。

目潰しはTDK唯一の反則でヒース側は猛抗議するが、ヒースが試合続行を望んだこともありレフェリーは故意を認めず試合を再開。

再び寝技勝負に持ち込もうとするヒース。

しかしマークはタックルを簡単にいなし、強烈な膝蹴りと右フックでヒースの頭部を捉える。

〈決してギブアップしないヒース [高校鉄拳伝タフ 25巻](c)集英社/猿渡哲也〉

意識が朦朧としながらも本能だけで戦おうとするヒースに対し、マークがトドメの右ストレートを放った時、ヒースのセコンドがタオルを投げ入れギブアップ。

勝負はマークに軍配が上がるのだった。

〈ヒースのセコンドがタオル投入 [高校鉄拳伝タフ 25巻](c)集英社/猿渡哲也〉

ヒースの兄ゴードンがマークに宣戦布告

試合後、リングの上にはゴードンが姿を洗わず。

まだマークにしがみつこうとするヒースを優しく失神させ、ゴードンはマークに宣戦布告。

〈マークに宣戦布告するゴードン [高校鉄拳伝タフ 25巻](c)集英社/猿渡哲也〉

リングから立ち去るゴードンの前にキー坊が乱入し、ゴードンに喧嘩を売ろうとするが、ゴードンはキー坊を無視して立ち去っていく。

眼中にも入っていないことにキー坊はショックを受けるなか、大会は次の試合へと進んでいくのだった。

Aブロック第2試合 ガルシアvsリカルド伊藤

Aブロック第2戦はガルシアVSリカルド伊藤。

ガルシアに啖呵を切るリカルドだが、勝敗は一瞬で訪れた。

開始早々にガルシアが放ったジャブがリカルドの顔面を粉砕し、3秒でKO。

〈ガルシアの衝撃的な秒殺劇 [高校鉄拳伝タフ 25巻](c)集英社/猿渡哲也〉

圧巻のKO激に観客は沸き、闘技者たちの背筋は凍るのだった。

Bブロック第2試合 高石vs河野正哉

Bブロック第2試合は高石VS河野正哉。

人気プロレスラーを相手に高石はあえてヒール役を演じ、2人の勝負が始まる。

〈ヒール役に徹する高石 [高校鉄拳伝タフ 25巻](c)集英社/猿渡哲也〉

強烈な打撃で攻める河野に対し、高石はあえてプロレス技で対抗。

「プロレスの技が真剣勝負で通用するわけがない」とプロレスの可能性を否定する河野に対し、高石は「プロレスラーだったら客を楽しませろ」と返し、マウントポジションをとってもあえて解放する。

〈高石の美学 [高校鉄拳伝タフ 25巻](c)集英社/猿渡哲也〉

レスリングのプロとして自負と美学を持つ高石は、河野にプロレス技で勝利することに拘っていた。

そして河野のタックルをいなし、「最もプロレスラーらしい技を見せてやる」と宣言。

高石が繰り出したのはー。

〈最もプロレスらしい技とは [高校鉄拳伝タフ 25巻](c)集英社/猿渡哲也〉

【25巻のまとめ】

Dブロック第1試合では父の死について兄ゴードンと確執のあるヒースが”最強に最も近い男”マークに挑むも力及ばず敗北。

そして各ブロック第2試合が始まり、Aブロックではガルシアがリカルド伊藤を文字通り瞬殺。

Bブロックでは高石が人気プロレスラーの河野相手にあえてのプロレス技で勝負を仕掛けるのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『高校鉄拳伝タフ』全42巻のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-青年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キー坊vs尊鷹、灘神影流の当主としての決意と腕試し『TOUGH』31巻【ネタバレ注意】

TOUGH-タフ- 31巻 集英社/猿渡哲也 Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT   ~前巻までのあらすじ~ 鬼龍との決闘を経て廃人となってしまった父・静虎が2年 …

何度読んでも感動のラスト『惑星のさみだれ』10巻(完)【ネタバレ注意】

惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス) posted with ヨメレバ 水上 悟志 少年画報社 2010-11-30 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻までのあらすじ~ …

下北沢の不良狩りは伝説に『ホーリーランド』18巻(完)【ネタバレ注意】

ホーリーランド 18巻(完) 白泉社/森恒二 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 学校にも家庭にも居場所がない高校生の神代ユウは、あるきっかけでボクシングのワンツーを独学で覚え、い …

16点差をひっくり返す華麗なる大逆転劇『ONE OUTS』4巻【ネタバレ注意】

ONE OUTS-ワンナウツ- 4巻 集英社/甲斐谷忍 Amazon/Kindle楽天   ~前巻までのあらすじ~ リカオンズ悲願の優勝を目指す”悲運の天才打者”児島は、ミニキャンプに来た沖 …

伸明の転校先で再び悪夢の王様ゲームが始まる『王様ゲーム 終極』1巻【ネタバレ注意】

王様ゲーム 終極 1巻 双葉社/金沢伸明・栗山廉士 Amazon/Kindle楽天 ある日、高校のクラスメイト全員のケータイに”王様”と名乗るものからメールが届き、24時間以内に命令に服従しないと王様 …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!