青年漫画

オリジナル曲が完成、初めてのライブから一歩ずつ階段を上っていく『BLUE GIANT』6巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

宮城県仙台市に住む高校生・宮本大は友人の勧めで初めて訪れたライブハウスでジャズの演奏に心を打たれ、サックスプレーヤーを目指すことを決意。

「世界一のジャズプレーヤーになる」という夢に向かい、兄・雅之がローンを組んでプレゼントしてくれたサックスで毎日学校帰りに河原で練習し続けた大は、ジャズバーのマスターから音楽教室の講師:由井を紹介される。

音楽で人を圧倒できる才能を大に見出した由井は、世界一のジャズプレーヤー「ブルージャイアント」になれると信じて厳しいレッスンを課し、大もそれに応えてメキメキと上達していった。

高校卒業後は本気でジャズの世界に進むために東京へ進出した大は、同じく東京の大学に進学した親友の玉田の家に間借りしながら、ゼロから新たな生活のスタートを切った。

そしてサックスを修理に出す間立ち寄ったジャズバーで、大は同じ年代の天才ピアニスト・沢辺と運命的な出会いを果たし、共にジャズに情熱を注ぐ若者同士コンビを組むこととなる。

そして大に触発されるようにして玉田もド素人ながらドラムの練習を始め、「音楽をやりたい」という気持ちに目覚めた。

若者としてジャズの世界をリードするために最短距離を進むという目標を持ち、才能のない者を拒絶しようとする沢辺を大が説得し、上手くなるという条件でバンドへの加入を認められた玉田。

大・沢辺・玉田による3人のバンドが第一歩を踏み出したのだった。

 

6巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

あくまで自分の夢を優先する沢辺

大の為に作曲にまで取り組む沢辺。

そのもとに有名なジャズギタリストの川喜田から電話があり、バンドへの参加の誘いが入る。

〈川喜田に誘われる沢辺 [BLUE GIANT 6巻](c)集英社/古舘春一〉

気に入られれば日本やオーストラリアへのツアーに同道して名前を売るチャンス。

沢辺は川喜田のライブに参加して観客を沸かせ、今のバイトの2晩分の額をギャラとして手に入れるが、あくまで沢辺が追い求めたのは同じ10代の大と上り詰めることにあるのだった。

〈大を信じる [BLUE GIANT 6巻](c)集英社/古舘春一〉

3人の初ライブが実現する

音楽店で妻に怒られながらも気持ちを抑えきれずサックスを買った男性を見て、音楽を楽しむという心に改めて気づいた沢辺が大と玉田の為にオリジナルの曲を作った。

〈初めての曲が完成 [BLUE GIANT 6巻](c)集英社/古舘春一〉

曲名は「First Note」

いつの間にか玉田が腕を上げているのに負けじと、大の練習にも熱が入る。

ジャズバーでの飛び入りセッションで自分の腕を試し、沢辺と玉田と3人で初めてのライブを開くことを決める。

〈ライブが決まる [BLUE GIANT 6巻](c)集英社/古舘春一〉

手作りのチラシを自ら街中で配り、観客を集めようとする大。

ライブの場所はアキコが口添えを手伝ってくれたおかげで「Seven Spot」という店が場所を提供してくれることとなった。

配ったそばから捨てられていくチラシを見つつも、ただ前を向く大。

知人に声をかけたりチラシ2000枚を配り歩いたりして、当日集まったのは店の常連客3人のみ。

〈初ライブの客は常連3人だけ [BLUE GIANT 6巻](c)集英社/古舘春一〉

大・沢辺・玉田の初ライブが始まるのだった。

沢辺と大へ送られる賛辞、表情が曇る玉田

客は店主も入れて4人、拍手なしで舞台に上がる大たち。

この日を一生覚えておくことを胸に近い、演奏が始まる。

玉田は初心者ながらも、大と沢辺の演奏にすぐに圧倒される常連客たち。

〈大と沢辺で圧倒 [BLUE GIANT 6巻](c)集英社/古舘春一〉

少ない観客でも全力で魅了する大と沢辺。

ライブが終わると客からスタンディングオベーションが送られるが、唯一玉田だけはうつむいた表情。

大と沢辺の本気に圧倒され、これまで積み上げてきた小さな自信が崩れ去ってしまった。

〈何もできなかった玉田 [BLUE GIANT 6巻](c)集英社/古舘春一〉

ひとり完全に自信を無くしてしまった玉田。

大と沢辺の足を引っ張るまいとバンドを抜けることを口にするが、沢辺が「思ってたより悪くなかった」と言葉をかけ、思いとどまらせる。

何もできなかった悔しさを噛みしめ、玉田も再び前を向くのだった。

〈自力で立ち直った [BLUE GIANT 6巻](c)集英社/古舘春一〉

大たちのライブに有名ギタリストが飛び入りへ

3人のバンドは「THE JASS(ジャス)」に決まり、バンドの名は少しずつ売れ始めた。

そんなある日、川喜田がJASSのライブに足を運ぶ。

〈川喜田がJASSのライブに来た [BLUE GIANT 6巻](c)集英社/古舘春一〉

相変わらず客を魅了する沢辺の腕とファンが付き始め、川喜田もいつの間にか立ちっぱなしで演奏に聴き入っていた。

さらに大のソロが観客を圧倒。

〈大のソロが観客を圧倒 [BLUE GIANT 6巻](c)集英社/古舘春一〉

大に触発された川喜田は、JASSのセッションに飛び入り参加することをその場で決めるのだった。

〈川喜田が飛び入り [BLUE GIANT 6巻](c)集英社/古舘春一〉

ボーナストラック

川喜田 元:沢辺と大、両方を知る者としてインタビューを受ける。「勝ち続けるプレーヤーは過去を振り返らない」という信条を持ち、大と沢辺の再共演には興味がないようだ。

【6巻のまとめ】

3人で練習を重ね、少しずつ玉田も上達していく。

そして沢辺が初めてのオリジナル曲を作り上げ、アキコの強力のもと3人での初ライブが実現した。

知名度はなく客入りも少ないが、それでも精一杯観客を魅了する大と沢辺。

玉田は2人とのセッションで何もできなかったことで僅かながら積み重ねてきた自信を失いかけるが、それでも前を向いた。

3人のバンド名は「THE JASS(ジャス」となり、少しずつ確実にファンを増やしていく。

そして沢辺に目をかけていた有名ギタリストの川喜田がJASSのライブを見に来た際、大たちの演奏に触発されて飛び入りセッションすることとなるのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

全巻まとめに戻る

参考ジャズに全てを懸けた青年の物語に心打たれる『BLUE GIANT』全10巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ