青年漫画

お屋形様が登場、貘が賭郎会員に復帰!新たな国家組織設立を企む賭郎と第三勢力アイデアルが武力衝突へ…『嘘喰い』7巻【ネタバレ注意】

~前巻までのあらすじ~

多重債務者の冴えない青年・梶隆臣はひょんなことから凄腕のギャンブラー・斑目貘と出会い、行動を共にするようになる。

さらに梶は命すら対価にするギャンブルや、それを成立させるために立会人を派遣する中立の秘密組織「賭郎」の存在を知ることに。

裏社会に根を張る賭郎の立ち会いのもと、賭郎の会員権と1千万円を賭けてQ太郎と言う老人とゲームをすることになった貘と梶。

負けたら命を取られる危険な勝負に勝った貘は、全てを凌駕する暴力を持つ別人格の怪物・ロデムを宿すマルコを仲間に加え、賭郎の会員権や大金を得た。

賭郎の会員権を梶に譲った貘はさらに賭郎の能輪立会人の手配で新たな賭郎勝負の場を設定してもらうこととなり、貘と顔なじみである立会人の夜行妃古壱が梶の専属につくなか、富士山中のトンネルでテロリストの佐田国との賭郎勝負に臨む。

相手方には専属立会人の目蒲がつき、賭け金集めのためにVIPたちも見守るなか、勝負は負ければ首吊りのハングマン(ババ抜き)となった。

さらに佐田国は武器商人のカールからロケットや武器を大量に買うこととしており、山の向こう側に潜伏した同志たちがテロ決行の準備を進めていた。

人数制限で勝負の場に入ることができなかったマルコと、佐田国に恨みを持つ賭郎会員の鞍馬の用心棒レオが相手方の動きを監視するため山に潜伏。

図らずもテロを防げるかどうかが貘の双肩にかかることとなるなか、貘は佐田国のイカサマを看破し、逆にイカサマし返すことで見事に逆転勝利を飾った。

勝敗が決したことでテロも防がれたかに見えたが、同志たちは佐田国の救出へ、そして佐田国に肩入れする目蒲も命の取り立てよりも面白いショーとして、立会人同士の戦いである號奪戦の開催を宣言する。

賭郎トップのお屋形様も部下を引き連れて介入し、過去の「屋形越え」失敗による命の取り立てが保留になっている貘はどうせ死ぬならとお屋形様に個人的な賭けを挑んだ。

その内容はカールが持っているミサイルが発射されるかどうかというもので、貘は発射されない、お屋形様は発射されるに賭けることに。

カールは佐田国に売らずともミサイル発射する計画があるようで、発射阻止に動いたマルコとレオの前にボディーガードの元立会人・伽羅が立ちはだかった。

レオと2人がかりで何とか伽羅を退けたマルコがミサイル発射の準備を進めていたカールのもとに到着。

伽羅を倒したとの報告を受けた貘は価値を確信するが、間もなくして「ミサイルが発射された」という報せが入ってしまう。

果たしてマルコに何が起きたのか―。

 

7巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

ミサイル発射は誤報、賭けは貘の勝ち

ミサイルが発射されたと聞き、緊張が走る。

しかし正確にはミサイルではなく一緒に配備されていたロケット弾だった。

射程は短く樹海に落ちるためテロの心配はない。

カールにミサイル発射のキャンセル手順と騙されて発射操作を行ってしまったマルコだが、運良く操作ミスをしたことでミサイルではなくロケット弾が発射された、というのが真相。

カールはすぐに逃げ、騙されたマルコはミサイル発射を阻止するためにその場に留まり近づく者を直接監視することに。

貘とお屋形様の賭けは、貘の勝ち。

ロケットとはいえ飛翔体が発射されたテロ未遂は世間にも速報として知られたこともあり、お屋形様は速やかな撤収を決めるのであった。

號奪戦は妃古壱が圧勝、目蒲は粛清へ

お屋形様は時間稼ぎを兼ねた號奪戦をしていた妃古壱と目蒲に釘を刺すように號奪戦を昔のルールに戻すことを告げ、あと5秒でケリをつけるように命じる。

號にプライドを持って戦う號奪戦は、もとは制限時間10秒のうちに挑んだ者が相手を死に至らしめるために全力を尽くし、受けた方も全力でそれを排除するもの。

決着がつかない場合は、挑んだ者が粛清される仕組み。

勝つしかなくなった目蒲は覚悟を固める。

しかし目蒲は再開の合図と共に妃古壱に瞬殺され、加担していた佐田国と共に並んでハングマンによる粛清が行われるのであった。

賭けの清算

佐田国と目蒲が死に、あとは賭郎勝負などの清算を残すのみ。

佐田国との勝負の精算額が提示されるが、貘はお屋形様との個人的な賭けの勝ち分もこの場で払え、と言い放つ。

ミサイル発射装置をマルコが握っていることを盾にした強気な態度に対し、手ぶらで来ていたためポケットマネーを払えないお屋形様は冷静な判断のもと、貘が提示した別の条件を呑むことにした。

実は貘は電話越しに伽羅にも再び組むことを誘っており、その伽羅は手負いの状態ながらも賭郎の黒服を倒して貘たちのもとに向かってきていたのである。

お屋形様が貘を殺さずに条件を飲んだことで衝突は回避されたのだった。

新たな国家組織の立ち上げ計画と忍び寄る謎の第三勢力

時は少し遡り、とある山小屋では検事総長の尾野神を筆頭に検察庁や官僚や新聞記者らいずれ国を動かすエリートが秘密裏に集まって、警察を監視する新たな国家組織の立ち上げに向けて会合を開いていた。

警察以上の暴力を備える組織を設立したい彼らは、その流れを進めるためのきっかけとして警察では対処できない事案の発生、つまり今回のミサイル発射を裏で画策していたのである。

結果的にミサイルではなくロケット弾が発射されたが、きっかけとしては兵器を使ったテロが起きたという事実だけで十分だった。

しかし撤収したお屋形様のもとには謎の人物から「私の使いの武器商人が遂行できなかったミサイル発射を実行しろ」と電話が入るが、お屋形様はこれを拒否。

実は尾野神の裏で新組織設立の糸を引いていたのもお屋形様。

こうしてお屋形様は賭郎による計画を進めながら謎の組織と対立することになるのであった。

貘が賭郎会員に復帰するが、屋形越えの条件は厳しいものに

貘がお屋形様に提示した条件とは、佐田国とお屋形様両方からの勝ち分と引き換えに、自分をもう一度賭郎会員にしてほしいというもの。

今度こそ屋形越えを目指すことを宣言し、お屋形様が条件を呑むことで合意が成立した。

しかし最後にお屋形様は號奪戦のシステムと共に屋形越えの条件も従来に戻ったことを告げる。

最もネックとなるのは、会員が屋形越えを挑むための条件として、その専属立会人が零號でなければならないというもの。

立会人は全て合わせて101名おり、自分の専属立会人が最強の座を掴むことも求められるのであった。

屋形越えを目指す貘に梶も協力

佐田国たちとの勝負を追えて街に戻ってきた梶のもとを、毒親である母が訪れる。

母は愛人を作りつつ梶の名義で借金を重ねて豪遊していたが、梶が債務整理をしたせいで新たに借金させることができなくなり、愛人の男と共にクレームに来たのである。

母と縁を切る決意を固めた梶は賭郎勝負で得た2500万円を手切れ金として渡すが、調子に乗った母と愛人はカジノを機にギャンブルにハマり、全てスッてしまった。

そのギャンブルの相手は貘であり、貘は賭郎にも立ち会いを依頼して2人から全額を巻き上げる。

負けを取り返したい母は梶にかけていた生命保険を賭け金に使おうとし、その場に梶も呼ばれることに。

これで負ければ梶は貘に命を握られることとなる―。

それでも冷静に状況を把握した梶はその条件を呑み、勝負の結果、貘が正式に勝利した。

他方、賭郎の専属立会人は最初に面識を持った順に決まるものであり、いったん会員を抜けて復帰した貘の場合はその条件もリセットされ、妃古壱、能輪に次いで今回の立会人が3人目。

その勝負の立会人・櫛灘鉄馬のランクが九拾號と低ランクであることを知ると、貘はそれとなく櫛灘を挑発しながら「今夜俺と会った事、無かった事にしてもらえないかな」と切り出す。

挙句の果てには体力が圧倒的にないはずの貘からタイマンを挑む始末であり、癪にさわった櫛灘もその勝負を受けた。

しかしその直後、櫛灘は貘の手引きで背後から侵入してきた伽羅に一蹴され気絶。

屋形越えに向け色々と準備が必要な貘は、「表向きは屋形越えに挑むのは梶」と宣言しつつ、まずは金集めをすることにするのであった。

賭郎と米国の犯罪組織「アイデアル」が衝突

その頃、大黒ふ頭の倉庫では佐田国を利用してミサイルの発射を画策していたアメリカの犯罪組織「アイデアル」の男5人と賭郎側の交渉が行われていた。

アイデアルは正体不明のボスが率いる過激な組織で、目的のためにはテロなども躊躇せず、最近では犯罪組織の乗っ取りも仕事にしている。

今回賭郎の乗っ取りを狙うアイデアルは交渉と見せかけて初めから武力行使を狙っており、「黒耳の捕食獣」の異名を持ち謎の多い暗殺者カラカルをリーダーとして、名の知れた殺し屋4人を送り込んできた。

対する賭郎側は外務卿の泉江夕湖を交渉役とし、グリス・李と龍を含むA級の掃除人4人で臨む。

カラカルは事前のボディチェック時に掃除人2人を片付けて部下2人と共に交渉に入り、ミサイル発射に失敗して被った損失300億の補填か会員権の半分を引き渡せと要求。

対する泉江はその要求を一蹴して交渉は決裂し、武力衝突となった。

李と龍がまずカラカルの配下2人を瞬殺し、泉江がカラカルに挑む。

果たして賭郎も一目置く謎に包まれたカラカルの実力はどれほどのものか―。

【7巻のまとめ】

発射されたのはミサイルではなくロケットであり、賭けは貘の勝ち。

貘は賭け金の代わりに自分をもう一度賭郎会員にしてほしいと切り出し、お屋形様はそれを承諾しながらも、再び屋形越えに挑むためには専属立会人が零號でなければならないという昔のルールをつけた。

他方、お屋形様は検事総長や若手のエリートたちを裏で束ねて警察以上の暴を兼ね備える新組織の立ち上げを画策しており、テロ未遂を発生させたことで計画通りに進めていた。

しかしそこにカールを操ってミサイル発射を画策していた米国の犯罪組織「アイデアル」から接触が入り、賭郎とアイデアルが交渉の場を持つことに。

賭郎外務卿の泉江がA級掃除人たちを連れて交渉に臨むも、アイデアルの実行部隊リーダーである暗殺者カラカルは強気の態度を崩さず、交渉は決裂。

賭郎とアイデアルの武力衝突が勃発するのであった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

\作品数100万冊以上!初回ログインで70%OFF×6回クーポンゲット!paypayも使える!お得に漫画を読むならこちら/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

全巻まとめに戻る

参考命を賭けた高度なギャンブルと手に汗握る超人たちのバトルが目白押し!『嘘喰い』全49巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ