全巻まとめ

「突然ですが皆さんには殺し合いをしてもらいます」映画化もされた衝撃の問題作『バトル・ロワイアル』全15巻【ネタバレ注意】

極東の全体主義国家「大東亜共和国」では、全国の中学3年生のクラスから毎年50クラスを無作為に選び出し、「プログラム」と称する殺人ゲームを実施していた。

プログラムに選ばれた生徒たちはゲームのために確保されたエリアに集団で送り込まれ、生き残りが一人になるまで殺し合いをするのがルール。

孤児院育ちだがいつも前向きで明るい主人公の七原秋也のクラスがプログラムの対象に選ばれ、クラスの42人は修学旅行のバスの中で眠らされ、ゲームの舞台となる島「沖木島」へ送り込まれてしまう。

わけもわからないまま殺し合いを強要されることとなった秋也たち。

生徒たちの中には、ゲームへの参加を止めるよう働きかけようとする者、状況に絶望して自殺する者、仲間を募って協同で防衛を試みる者なども現れたが、状況を受け入れてクラスメートたちの殺戮に走る生徒もおり、生存者は刻一刻と減っていく。

七原は幼馴染が想いを寄せていた女子生徒の中川典子を助け、危ない所を最近クラスに転校して来た川田章吾に助けられ、意気投合してゲームからの脱出を模索することとなる―。

こちらも併せてどうぞ。

合わせてチェック
原作となった小説。上下巻の2巻あります。
深作欣二監督、藤原竜也主演で実写化。前田亜季、柴咲コウ、安藤政信、ビートたけしらも出演。

登場人物紹介

<城岩中学校3年B組 男子>

七原 秋也(ななはら しゅうや)
本作の主人公。ロックをこよなく愛し、国のやり方に不満を抱いている。事故で両親が他界したため、国信と同じカトリック系の孤児院「慈恵館」で生活しており、国信とは幼馴染で無二の親友である。

川田 章吾(かわだ しょうご)
4月に神戸から転校してきた男子生徒。1年留年しており、他の生徒から敬遠され孤立している。実は、前年度に神戸で行われたプログラムの優勝者であり、留年の原因もその負傷で学校に満足に通えなかったため。前のプログラムで恋人を失っており、彼女の形見のバードコールを持っている。

桐山 和雄(きりやま かずお)
3年B組男子不良グループのリーダー。トップクラスの財閥の御曹司で、容姿端麗、成績優秀かつ運動神経も抜群。芸術的なセンスも高く、絵画や音楽でも高い才能を持つ。喧嘩の強さや独特のカリスマ性から仲間からは『ボス』と呼ばれて崇拝されている。幼少時は人間らしい感情を持ち様々な分野で天才的な能力を発揮していたが、5歳の時に交通事故によって実母を亡くし、自身も脳の一部を損傷して感情を失った。

三村 信史(みむら しんじ)
七原の友人。独特の飄々とした性格で、研ぎ澄まされた感じのユーモアのある切れ長の目を持つ美少年。かつて反政府活動に携わっていた叔父に感銘を受けており、中学生離れした物の見方やハッキング・爆弾の作り方など幅広い知識を持つ。

杉村 弘樹(すぎむら ひろき)
七原の友人。幼い頃は前述の大人しく非力だったが、拳法を習い始めた結果桐山と互角に戦えるほどの戦闘能力を持つ。千草貴子とは幼馴染で一番の仲良しであり、同級生の琴弾加代子に想いを寄せている。

国信 慶時(くにのぶ よしとき)
七原の幼馴染。七原と同じ孤児院で育つ。愛想が良く非常に温厚な性格だが、大切な者を傷つけられると普段の姿からは想像もつかないほど激昂する。典子に想いを寄せている。

赤松 義生(あかまつ よしお)
クラス男子の出席番号1番。厚ぼったい唇で身長180センチ、90キロとクラス一の巨漢の男子だが、体格とは裏腹に気弱な性格。

飯島 敬太(いいじま けいた)
これといった特徴の無い生徒。三村と瀬戸の友人だったが、中学2年の時に三村が不良に絡まれた際、これを見て見ぬふりをしたことから三村からは「その程度の友人」と内心では軽蔑されている。

大木 立道(おおき たつみち)
ハンドボール部のエースを務める男子。中背ながらも鍛え上げられた肉体の持ち主。

織田 敏憲(おだ としのり)
父親が県屈指の食品会社の社長という大金持ち。4歳の時から個人レッスンつきでバイオリンを嗜んでおり、県下でも屈指のプレイヤーとなっている。醜い容姿がコンプレックスであり、内心ではクラスメイトを「下品な有象無象」だと見下している。

倉元 洋二(くらもと ようじ)
女子不良グループの1人である矢作好美と交際しているが、不良の気はない普通の中学生。

黒長 博(くろなが ひろし)
桐山率いる不良グループの1人。背が低く余り目立たない。

笹川 竜平(ささがわ りゅうへい)
桐山率いる不良グループの1人。メンバーの中でもやたら虚勢を張りたがる粗暴な性格。

瀬戸 豊(せと ゆたか)
三村の幼馴染にして親友。クラスの男子では一番背が低く(162cm未満)、クラス一のお調子者。明るい性格の割に体が弱く、運動も苦手であり三村と比べて能力のない自分にコンプレックスを抱いている。

滝口 優一郎(たきぐち ゆういちろう)
アニメオタクの男子。内気な性格で人と目を合わせて話すのが苦手だが、見かけによらず精神的に気丈な面が見られ、人を上辺だけで判断してはいけないという信念の持ち主。

月岡 彰(つきおか あきら)
桐山率いる不良グループの1人。ボリュームを持たせたリーゼントヘアで、下がり気味の太い眉に厚めの唇と、ごつい顔立ちが特徴のオカマ。父親もオカマであり、父が経営するゲイバーに幼い頃から出入りしていたことから世間慣れしており、人を簡単には信用しないように生きてきた。

新井田 和志(にいだ かずし)
サッカー部に所属し、フォワードを務める。身体能力も良く別段努力せずとも運動も勉強もできる反面、精神的に幼く、傲慢で自信過剰なところがある。

沼井 充(ぬまい みつる)
桐山率いる不良グループの1人で、彼を「ボス」と呼び誰よりも崇拝している。小学校時代から喧嘩に明け暮れるが、中学の入学式の日、複数の上級生に因縁をつけられ、リンチされていたところを、偶然その場にいた桐山に助けられ、以後桐山を崇拝するようになった。

旗上 忠勝(はたがみ ただかつ)
野球部の男子。比較的背は高くがっちりとした体型で、短く刈り込んだ頭が特徴。

元渕 恭一(もとぶち きょういち)
3年B組の男子学級委員。銀縁の眼鏡と典型的なガリ勉タイプ。父親は県政府の役人。

山本 和彦(やまもと かずひこ)
長身で鼻梁がやや太い以外は、端正に整った顔立ちの少年。クラスメイトの小川さくらと2年以上交際している。

<城岩中学校3年B組 女子>

中川 典子(なかがわ のりこ)
本作のヒロイン。ごく普通な女の子で、内海を中心とする3年B組女子中間派グループに所属している。国信が想いを寄せている相手だが、本人は七原に想いを寄せている。

相馬 光子(そうま みつこ)
美しく長い黒髪を持ち、アイドルスターのように愛くるしい容姿だが、同時に倦怠感と中学生らしからぬ妖艶な雰囲気を漂わせる学校一の不良少女であり、不良少女グループのリーダー。壮絶な過去を持ちながらもあっけらかんとした性格。

稲田 瑞穂(いなだ みずほ)
オカルト好きの女子。自らを光の神アフラ・マズダに仕える、聖なる一族ディキアン族の末裔光の戦士プリーシア・ディキアン・ミズホと称し、普段の言動も光の戦士になりきるなどかなりの怪人物。

内海 幸枝(うつみ ゆきえ)
3年B組の学級委員であり、女子バレー部の部長。三つ編みのお下げ髪がトレードマーク。ハキハキとしたしっかり者で他の人望も厚く、3年B組女子中間派グループのリーダー的存在。小学生の頃から七原に想いを寄せており、彼からは「委員長」と呼ばれている。

江藤 恵(えとう めぐみ)
気弱な少女で、七原に片想いしている。

小川 さくら(おがわ さくら)
スリムな印象の背の高い美人。物静かで落ち着いた性格。山本和彦と付き合っている。

金井 泉(かない いずみ)
小柄でかわいらしい少女。町内でも有数の大金持ちで町会議員を務める父親をもつお嬢様。

北野 雪子(きたの ゆきこ)
小柄でふっくらとした頬をした女子。日下友美子とは幼馴染の親友同士。少々気弱だが、友達想いの心優しい性格。七原に片想いしているが、親友の日下も密かに彼に好意を持っている事実を知らずにいた。

日下 友美子(くさか ゆみこ)
長身でボーイッシュに短く切った髪、彫りの深い顔立ちの女子。ソフトボール部の4番を務めており、明朗快活な性格。女も北野と同じく七原に片想いをしていたのだが、親友のために黙っていた。

琴弾 加代子(ことひき かよこ)
小柄でショートカットの髪に、引き締まった口で低めの鼻、切れ長の目が特徴の女子。華道を習っている。杉村から好意を寄せられていたが、琴弾本人は全くそのことに気がついていなかった。

榊 祐子(さかき ゆうこ)
細身で肩まである髪が特徴の女子。非常に気弱で、争い事や競い合いに向かない性格。

清水 比呂乃(しみず ひろの)
相馬、矢作と行動を共にする不良少女。

谷沢 はるか(たにざわ はるか)
バレーボール部のアタッカーを務めている女子。同じバレー部の内海とは特に仲がよく、内海を中心とする3年B組女子中間派グループのサブリーダー的立場にある。

千草 貴子(ちぐさ たかこ)
プライドが高く、気の強い性格の女子。少々きつめの貴族的な顔立ちで、クラスでも一番の美人。クールな性格の上プライドの高さが原因でクラスでは孤立気味だが、幼馴染の杉村とは非常に仲がよく、周囲からは恋人関係にあると思われていた。

天堂 真弓(てんどう まゆみ)
ロブスターのような一本に編んだ長い髪と、幅広のリボンが特徴の女子。クラスメイトとの交友関係が薄く目立たない生徒。

中川 有香(なかがわ ゆか)
内海を中心とする、3年B組女子中間派グループに所属する女子。

野田 聡美(のだ さとみ)
ボストンタイプの眼鏡をかけた優等生の女子。内海を中心とする3年B組女子中間派グループの1人。

藤吉 文世(ふじよし ふみよ)
クラスの保健委員を務めている、物静かで面倒見のいい女子。

松井 知里(まつい ちさと)
小柄で髪の長い女子。大人しい性格であまり目立たない。

南 佳織(みなみ かおり)
江藤、稲田と親しい女子。アイドルオタクで、アイドルグループの剣崎順矢に入れ込んでいる。首から下げたロケット型のペンダントはそのファンクラブ会員限定の品で、中には特にお気に入りのジュンヤの写真が入っている。

矢作 好美(やはぎ よしみ)
相馬、清水と行動を共にする不良少女。小柄で童顔。2年の秋から、偶然町で出会って映画を見に行ったことがきっかけで倉元洋二と付き合うようになり、彼のために売春行為を止め、他の悪事も極力しなくなったらしい。

<その他>

嘉門 米美(かもん よねみ)
漫画版におけるプログラム担当教官。醜悪な容姿と、それに勝るとも劣らない下劣な性格をしている。

三村の叔父
三村の父方の叔父。幅広い知識と実践的な技術を持っており、三村にはネットハッキングを含めたコンピューター技術、爆弾製造、バスケットボール、プレジャーボート、ナイフ、喧嘩などをレクチャーし、あらゆる点で影響を与えた。反政府思想を持って反政府運動に関わっており、政府によって秘密裏に殺害されたらしい。

安野 良子(あんの りょうこ)
七原と国信が生活している孤児院・慈恵館の館長。七原と国信がプログラムに選出されたことを知らされた際に反発したため、嘉門に強姦されてしまった。

大貫 慶子(おおぬき けいこ)
川田のクラスメイトで元恋人。前年度の神戸で実施されたプログラムに川田と共に巻き込まれ、死亡した。

新谷 和美(しんたに かずみ)
七原の1つ年上のサックスプレイヤー。原作では彼女の影響で七原はロックに興味を持つようになった(漫画、映画版ではロックへの興味を持つきっかけが異なり、新谷も登場しない)。七原に告白されるが、彼氏がいたためにあっさり振っている。ぽっちゃりした容姿らしい。

三村の叔父の恋人
三村の叔父の影響を受けて反政府活動をしている。三村の叔父が死亡した後、三村に爆弾の部品である雷管を渡した。

林田 昌朗(はやしだ まさお)
城岩中学3年B組の担任教師。プログラムに反対し、生徒を庇うが政府に射殺される。

坂口 健一郎(さかぐち けんいちろう)
柔道でオリンピックの選抜までいった。三村に曝されたパンツが豹柄だったため男子からジャガーと呼ばれている。柔道の授業で生徒(杉村)が降参しているにもかかわらず無視して失神させるなど教師以前に人としての道徳心に欠ける面が目立つ。

各巻のあらすじ

たった1名の優勝者が決まるまで殺し合いをしてもらいます
仲間を集めゲームからの脱出を信じる秋也に協力者が現れる
プログラム転覆のため政府へのハッキングを試みる三村
秋也と川田の共闘、三村は分校爆破作戦に切り替える
信頼できる杉村との再会、しかし桐山による強襲を受け…
爆破作戦決行にアクシデント、桐山の強襲で三村が無念に散る
秋也を匿う心優しい女子グループに起こった悲劇と死の連鎖
もう誰も死なせたくない、覚悟を固めた秋也が川田・典子と再会を果たす
意中の人と再会した拳法家・杉村に悪魔・桐山が襲い掛かる
杉村が覚醒、桐山との死闘の果てに命を落とす
天才・桐山vs悪女・光子、そして前回優勝者の川田の過去が明らかに
桐山とのラストバトルが始まる!カーチェイスや激しい銃撃戦の行方は…
桐山との戦いに決着、生きて脱出できたのは誰か

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-全巻まとめ

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ