少年漫画

「泥にまみれろよ」魚住の助言でゴリが復活!『スラムダンク』28巻【ネタバレ注意】

投稿日:2018年8月23日 更新日:

~前巻までのあらすじ~

赤髪の不良、桜木花道が同級生の赤木晴子に一目ぼれし、彼女目当てでバスケ部に入部。

しかしバスケ初心者の花道に待っていたのは地味すぎる基礎練習。

不満を募らせた花道は一度は部を辞めかけますが、晴子への思いが勝って思いとどまります。

安西監督の指導のもと行われた部内の紅白戦では流川がスーパープレイを披露。

一方の花道も将来に期待を持たせる身体能力を発揮し、超初歩的なレイアップシュートを練習し、リバウンドの極意をゴリから教わりました。

そしていよいよ陵南との練習試合。

花道が試合デビューし大激戦を繰り広げますが、惜しくも敗戦。

そして次期キャプテン候補の宮城リョータがバスケ部に復帰しました。

大乱闘事件を経て三井もバスケ部に復帰し、インターハイ神奈川県予選が始まります。

準々決勝まで順調に勝ち進んだ湘北は藤真率いる翔陽も破り、決勝リーグへ進出。

決勝リーグ初戦の海南戦。

あと一歩のところまで追い詰めながら、最後は花道のパスミスで敗戦。

悔いの残る敗戦を噛みしめる花道はボウズとなり、レベルアップのためにシュート練を開始。

決勝リーグ第2戦では花道を温存したまま無事に武里を破った湘北。

一方、決勝リーグもう1試合では陵南と海南が激突。

陵南と海南の試合は延長にもつれこみながらも海南が制し、海南はそのまま武里も破ってリーグ優勝。

インターハイ出場のもう1枠を賭けた湘北と陵南の直接対決。

陵南との死闘を制し、湘北のインターハイ出場が決定。

全国でも続々と代表校が決まっていきます。

湘北のカギを握る花道はシュート2万本の猛特訓を経て、インターハイが開幕。

湘北の1回戦の相手は大阪の豊玉高校。

前評判Aランクの実力校で、ラン&ガンのオフェンスとラフプレイに苦しめられる湘北でしたが、ラン&ガンの真っ向勝負を制して湘北が逆転勝利。

2回戦の相手は昨年の覇者、山王工業。

昨年の覇者、山王工業の名に臆することなく試合に臨み、前半をリードして終えた湘北。

しかし後半開始直後、山王のお家芸であるオールコートゾーンプレスによって一気に20点以上差をつけられてしまいます。

「敗北」の文字が濃厚になり誰もが諦めかけるなか、花道だけは勝負を捨てません。

オフェンスリバウンドを取ることに全てを賭け、いざ奇跡の大逆転へ。

 

28巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

花道のリバウンドで少しずつペースを取り戻す湘北

「ヤマオーは俺が倒す!!by天才・桜木!!」

花道の宣言に大ブーイングの会場。

〈開き直る湘北 [スラムダンク28巻](c)集英社/井上雄彦〉

しかし、湘北はこれで勝つしかなくなりました。

開き直った湘北。

しかし花道もリバウンドを取るためには野辺に勝たなくてはなりません

流川のシュートがはずれたリバウンド。

花道は野辺のユニフォームを審判にバレないように引っ張り、リバウンドをもぎとります。

〈野辺との駆け引き [スラムダンク28巻](c)集英社/井上雄彦〉

さらにそのまま自らシュートを決める花道。湘北に待望の得点が生まれます。(湘北38 - 60山王)

対する山王の攻撃。

松本が三井を抜いてカットインしますが、河田にばかり意識を持っていかれた赤木のヘルプが遅れます。

流川が懸命にブロックに跳び、松本からのパスをリョータがインターセプトして何とか失点を防ぎます。

しかし初めての強敵に出会った流川、スタミナ切れの三井、全体の流れが見えなくなった赤木と、攻め手を欠く湘北。

やはり花道がカギを握っていました。

リョータの放ったジャンプシュートのリバウンドをまたもや野辺に競り勝って押し込み、追加点。(残り9分30秒 湘北40 - 60山王)

魚住のアドバイスでゴリが復活

しかし一向に調子が上がらず、河田に無謀な攻めを繰り返す赤木。

それでも花道が持ち前のジャンプ力で野辺を超えてリバウンドをもぎとり、再び赤木へパス。

〈花道の才能が開花 [スラムダンク28巻](c)集英社/井上雄彦〉

赤木はダンクを試みますが、気負いすぎて河田と交錯して倒れ、オフェンスファウルとなります。

ここで観客席から赤木の前へ降り立ったのはライバルだった陵南の魚住

「華麗な技をもつ河田は鯛…。お前は鰈だ。泥にまみれろよ。」

河田に勝てなくても、チームのために体を張り、チームが勝てばいい。

〈魚住の言葉で立ち直るゴリ [スラムダンク28巻](c)集英社/井上雄彦〉

魚住の言葉で吹っ切れた赤木が吼えます。

松本が三井を抜いて切り込みますが、赤木がすぐさまヘルプ。

松本はダブルクラッチで赤木をかわしながらシュートを放ちますが、後ろで跳んでいた花道が完璧にブロック。

対する湘北は、三井が気を吐きます。

立っているのがやっとのはずなのに、赤木とのスクリーンプレイでフリーになり3Pを決める三井。(残り9分強 湘北43 - 60山王)

〈諦めの悪い三井 [スラムダンク28巻](c)集英社/井上雄彦〉

山王は深津が3Pですぐさま20点差に戻します。(残り9分 湘北43 - 63山王)

湘北は再び三井が3P。もはや三井にはリングしか見えていません(湘北46 - 63山王)

山王のシュートははずれ、湘北の攻撃。

また三井に預けて3Pを狙います。

今度ははずれますが、花道がオフェンスリバウンドを取ってボールをキープ。

花道からパスを受けた三井が3Pを決め、追い上げます。(残り8分強 湘北49 - 63山王)

限界ギリギリの三井を支えているのは、赤木がスクリーンをかけ、リョータがその隙を見逃さずにパスをくれ、はずしても花道がリバウンドを取ってくれるという仲間への信頼だけでした。

〈仲間を信じて放つ3P [スラムダンク28巻](c)集英社/井上雄彦〉

徐々にいいリズムをつかむ湘北。

深津のパスをインターセプトしたリョータが単独で速攻を仕掛け、深津がファウルで止めますが、インテンショナルファウルとなります。

リョータはフリースローを2本とも決め、さらに湘北ボール。(残り8分 湘北51 - 63山王)

今度は三井を囮にして赤木がダンクを決め、ついに10点差まで追い上げます。(湘北53 - 63山王)

ここで山王の堂本監督は、河田を花道のマークにつけ、野辺に代えて美紀男を投入して赤木につけます。

〈ついに河田が花道のマークに [スラムダンク28巻](c)集英社/井上雄彦〉

花道の強力なリバウンドが湘北のリズムを生んでいることに気づいた故の対応。

河田と花道の勝負。

河田は花道を吹き飛ばしてリバウンドを取りカウンターとなりますが、花道も沢北から河田へのアリウープのパスを叩き落とすスーパーブロック。

〈花道のスーパーブロック [スラムダンク28巻](c)集英社/井上雄彦〉

試合は終盤に差し掛かっていました。

【28巻のまとめ】

花道のリバウンドで徐々に点差を詰めはじめる湘北。

魚住の助言でゴリも復活しました。

しかし山王も花道を抑えるために河田をマークにつけます。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

 

『スラムダンク』全31巻のまとめに戻る



レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

刃牙がまさかの敗退…!?『グラップラー刃牙』26巻【ネタバレ注意】

グラップラー刃牙 26巻 刃牙がまさかの敗退…!? あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 空手の大会に颯爽と現れ、あっさりと優勝した範馬刃牙。 その正体は東京ドームの地 …

“土俵の喧嘩屋”vs”獄天使” 『ケンガンアシュラ』10巻【ネタバレ注意】

ケンガンアシュラ 10巻 小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 裏路地でのバトルを偶然目撃したことから冴えないサラリーマンの山下一夫 …

W杯決勝日本 vs アメリカ キックオフ!『アイシールド21』36巻【ネタバレ注意】

アイシールド21 36 (ジャンプコミックス) posted with ヨメレバ 稲垣 理一郎 集英社 2009-08-04 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻までのあらすじ~ 光速 …

秋大会開幕 泥門 vs 網乃 キックオフ『アイシールド21』11巻【ネタバレ注意】

アイシールド21 (11) (ジャンプ・コミックス) posted with ヨメレバ 稲垣 理一郎,村田 雄介 集英社 2004-12-03 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻まで …

現代に蘇った古代人ピクル『範馬刃牙』10.5巻 外伝ピクル【ネタバレ注意】

範馬刃牙 10.5巻 外伝 ピクル 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 地上最強の生物と謳われる父、勇次郎との決闘へ向けてトレーニングに励む刃牙。 全盛期のアイア …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!